1. ベネッセの教室トップページ
  2. サイエンス教室トップページ
  3. 講師の紹介

講師の紹介

お子さまの発達に合わせたわくわくする実習を展開する講師たちをご紹介します。

Benesse サイエンス教室の講師たちはお子さま一人ひとりをとても大切にしています。

まだ知識の無いお子さまは常識に縛られずに自由に発想をするため、それぞれの考えに個性があります。その考えを1つ1つ聞いて一人ひとりのお子さまを丁寧にフォローし、伸ばしていくために、メイン講師と補助講師で机1台(4~6人)に1人の講師体制を構築しています。講師たちは、一人ひとりのお子さまの「自分で考える力を育む」ために、シナリオ通りの実習ではなく、お子さまの発想にあわせた実習を展開しています。

教室で実際に教えている講師たちのこだわり

高島先生

子どもどうしの化学反応・学びあいを大事にしています

子どもの顔を見ていると、発表したくてうずうずしている子もいれば、考えはあるけれど、もじもじしている子もいます。どんな子にも発表したり、自分の中で意見を持つタイミングは必ずあるので、それを机につく補助講師と協力して見逃さずに引き出すことを心がけています。他者の意見を聞くことで、自分の発表が正しいと思っていた子も考え直したり、それをもとにして自分の意見を発展させる子もいます。教室では、他者の意見を聞くことの大切さや、人前で自分の意見を発表することの楽しさをたくさん体験することができます。それがBenesse サイエンス教室のよいところだと思っています。

平野先生

成長を実感できる環境があります

Benesse サイエンス教室には、実習後にお子さまが自宅で自主的に取り組める、発展課題やレポートがあります。そのレポートには、子どもたちの工夫がたくさん詰まっています。回を重ねるごとに、表にしてまとめる力や考察する力がつき、目に見えて成長が分かります。その成長の芽をどんどん伸ばすのが、私たち講師の役目です。おうちの方にも、私たちから見たお子さまの変化や成長をお伝えし、ご家庭と協力してお子さまの知る喜びや考える力を膨らませられたらいいなと思います。

中村先生

未来につながる課題発見の目を養いたい

教室では、課題を発見してそれをみんなで確かめていくという実習をしています。この実習を通して、子どもたちが自分の人生の中で出会ういろいろな課題に気がつけるようになり、そしてそれを良い方向に改善していきたい、と思えるお子さまになって欲しいと思って講師をしています。なお、実習後に自宅用の教材をお渡ししていますが、ある3年生の子に、「中村先生を自宅教材として持って帰りたい!」と言われたことがあります。とてもうれしかったです。もちろん私を持ち帰らなくても、その子はいつも自宅用の教材も実習も楽しんでくれています。

並木先生

成功体験を大切にしたい!

実習中では結果も大事ですが、それ以上にその過程を大事にしています。教室では実験中のお子さまの小さな気づきでも耳を傾け、みんなで認めてあげてほしい。他のお友だちの意見を真摯にうけとめて、自分の考えをもってほしい。そんな思いでスタッフ一同全力でサポートするように伝えています。お子さまが実習を通して、1回でも多くの成功体験をすること。それこそが自信につながり、未知なる問題に対しても柔軟に対応できる力をつけられるようになると思います。ぜひサイエンス教室を通して、お子さまの成長を教室で実感してください!

このほか、各教室に多くの講師が在籍しています。

カリキュラム監修の想い

「楽しく自然に触れ、科学的な見方・考え方を育てるサイエンス教室」

カリキュラム監修
中澤 保夫先生
元公立小学校校長
区小学校教育研究会会長
元小学校理科教科書著者

「Benesse サイエンス教室では、子どもたちが自然の事物や現象に触れながら疑問をもち、自分なりの方法で解決する問題解決の過程を大切にしています。それは、問題解決の過程を繰り返し体験することで科学的な見方・考え方が育ち、問題解決能力が向上するからです。この能力は、知識基盤社会を主体的に生きるうえで最も重要な能力です。

しかし、社会や生活様式の変化により、子どもたちが直接自然現象に触れ、発見した問題を自分なりに解決できる機会は少なくなってきています。

Benesse サイエンス教室は、子どもたちが自然に触れる楽しさを味わい、科学的な見方・考え方、問題解決能力を身につけ、豊かに成長するお手伝いをさせていただきたいと考えています。

無料体験教室受付中!
お気軽にお問い合わせください。

無料体験教室の日程はこちらサイエンス教室