1. ベネッセの教室トップページ
  2. サイエンス教室トップページ
  3. 「考える力」を育む実習・教材

「考える力」を育む実習・教材

「考える力」を育むための実習の流れや教材、ご家庭で学びを広げる工夫についてご紹介します。

実験が「自ら考える力」に繋がる教材

「自ら考える力」を育む思考プロセス 課題発見 仮説 検証・考察

実習を通して、自分で「なぜだろう?」と、目を輝かせて不思議に気づき、みんなで一生懸命「こうじゃないかな?」と考え、ひとりひとり本物の実験器具で検証して考察し、「わかった!」という喜びを得られるサポートをしていきます。
実験に失敗はつきものです。しかし、成功しても、失敗しても、新たな疑問が芽生えます。このため、繰り返し実験を行っていくことで、さらに学びを深め、考える癖を身につけることができるのです。

実習の流れ2時間

来校
白衣に着替え、好きな席に着席。講師やおともだちと楽しく会話しながら、気分もリラックス!
導入
挨拶をしたら出欠をとって実習スタート!
まずは、お子さまに不思議な事象をお見せして大きな「なぜ?」をテーマとして提示します。
実験
「こうじゃないかな?」とみんなで考えを出し合って、それを検証していきます。もちろん初めて見ることなので間違えるのは当たり前。なのでどんどんユニークな考えが出てきます。
実験
1つ実験をすれば上手くいってもいかなくても、また新たな「なぜ?」が生まれます。
するとみんなで再び「こうじゃないかな?」を考えて検証し、「わかった!」となるように、実験を繰り返し行っていきます。
まとめ
今日の学びの成果として、実験の結果で分かったことを体系的にまとめると、みんなこの領域の博士に!
挨拶をして実習終了です。
おうちの方への解説
廊下のおうちの方々へ、本日の実習の狙いと内容を解説し、おうちの方とお子さまとの会話を通じてさらにお子さまの思考を深める方法をアドバイスします。
帰宅
実習では、ご自宅用の教材と発展学習用のノートを配布します。余裕があれば、それらを使ってさらに学びの幅を広げて下さい。

実習中はこんな工夫で、一人ひとりの考えをより引き出しやすくしています。

引き出す工夫① 失敗は成功のもと

ポイント
知らないことをみんなで考えるので、予想をしても間違えるのは当たり前。そんな雰囲気がどんどんお子さまの発想を引き出し、たくさんの手が挙がります。
また、実験に失敗はつきものです。そこで自分で試行錯誤して方法を改善することで理解が得られ、成功した時の喜びも格別となります。そうした積み重ねが「失敗しても取り組む姿勢」を作ります。失敗例はあまり教科書に載ることはありません。なぜ載らないのか、なぜ失敗なのかを理解することが本当の力につながります。

引き出す工夫② 答えは教えない

ポイント
答えを教えてしまっては通常の学習塾と変わりません。この教室では「自ら考える力」を育むため、講師や補助講師はお子さま自身が自分なりの答えをつかめるよう、あくまで思考プロセスをサポートする立場で運営しています。
思考プロセスはお子さまによって異なります。一人ひとりまで目が行き届くよう、メイン講師と各テーブル(に1人ずつ配置)の補助講師が個別に声かけをし、視点を変える、別の知っている例で考えてみる、整理してみる、などの方法でお子さまの考えを引き出します。

教室で!お子さまの自由な発想を引き出す実習ノート

実習ノートは「課題発見」「仮説(「なぜ?」から自分なりに根拠を持って予想をし仮説を立てます) 」「検証・考察」 のサイクルに添った構造です。実際の実習では、このサイクルを120分で3~4回繰り返していきます。

自宅で!会話が生まれるインフォメーション

ここがポイント!
お子さまのノートにはおうちの方向けの情報も含まれています。 実習のねらいや学校での学習との関連性に加え、お子さまと一緒に日常的に学びを深める話題もお伝えしています。

自宅で!自分なりの工夫でオリジナル実験もできる自宅用教材

ここがポイント!
自宅教材があることで、実験室の中だけでなく、さらに、自分なりの工夫や視点を加えて、学びを広げることができます。

自宅で!教室での学びをさらに広げる自宅用発展学習ノート

ここがポイント!
毎回の実習では自宅での発展学習のための「発展ノート」を配布しています。その日のテーマに応じて、自宅教材を使ったり、身の回りでできることを題材にしながら、自宅でさらに学びの幅を広げることが可能です。
また、テーマに関係なく、日常の疑問や発見について書いていただいてもかまいません。記入した発展ノートは次の実習の際にご提出いただければ、講師が内容を見て、感想やアドバイスなどを個別に記載してお返しいたします。
  • 発展ノートは宿題ではありません。お子さまのペースに応じて取り組んでいただけます。
無料体験教室受付中!
お気軽にお問い合わせください。

無料体験教室の日程はこちらサイエンス教室